熊本 インテリア雑貨   K-DESIGN


by kdesign_kumamoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

9月19日は…

9月第四週は  三連休が重なり  平日は3日しかありませんね^^  今  カレンダーを見て気づきました。


そして  敬老の日が 19日(祝)というのも  今 知りました(-_-;)   販売業として 恥ずかしい限りです…



私には  敬老の日  祝う人がいません。  子どもからしたら   私の母 一人となってしまっています。
主人の父 母もなくなり   私の父も私が 小学2年生の時に 離婚しているので   母子家庭で育っているので    今   子どもたちが ばあちゃんと慕うのは    たった一人   私の母だけになってしまいました。



私の祖母は   5年前に他界しましたが   もしまだ元気だったら 95才を迎えていました。 なんと うちの長女と80才差で 同じ誕生日です。



祖母は   かなりのおしゃれさんで   いつも 身だしなみを綺麗にしていましたし  言葉使いや人づきあいには厳しい人でした。   でも  物腰柔らかで    身内ですが   カワイイ人でした。  


オシャレにとても 関心があり   よく 孫の私の洋服や身につけているモノに 興味を示していました。


入院中    お見舞いに私がもっていった    総レースのカーディガンをとても 喜んで  それをハンガーにかけて  眺めながら     早く退院して  その服を着て でかけると はりきっていました。

でも   その願いは叶いませんでした。 


形見分けで  私が 一つだけ もらったのは     ゴブラン織りで 両サイドに大きなサテンのリボンのある ゴブラン柄のうさぎの可愛い小さなバッグ。


これは   高かったけど  祖母が好きそうと思いきって買ったプレゼント。


相当  使いこんでくれていたようです。     そして   カワイイことに  祖母がつけたのでしょう  小さな 小さなリボンが二つ 縫い付けてありました。    



いくつになっても  少女のように可憐だった祖母。     Kデザインには 一度も来てもらえなかったのが 心残りです。


祖母の半分しか まだ 生きていない私も    もっと  人生  オシャレに 丁寧に過ごさなくっちゃと思います。       


そう そう  祖母は   祖父が早くに亡くなってしまったので   晩年   年下の彼がいました^^
そして  家族の誰よりも早くに   携帯   当時は PHSをもっていました^^   そして  彼との連絡に使ってました^^ 


敬老の日。    高価なプレゼントよりも     会いにいく…   ただ 話を聞いてあげる。  それが一番の孝行でしょう。     


みなさんも  おばあちゃんたちに  会いに行って   元気をもらってきてくださいね♪

                                               staff mario

    
[PR]
by kdesign_kumamoto | 2011-09-10 07:50 | 伝言板 | Comments(0)